借金する際に考えること

借金する際に考えること

どこから借金するかによって金利が変わってきます。なるべくその金利分を払いたくない場合は、親や兄弟など家族から借りることで元金のみを返済することで解決します。ところが、家族に経済的な余裕がない場合や、マイホームなどの金額が高額になる場合は家族から借りられない場合もあります。そのような場合にどこからお金を借りることが損が少ないかを判断するためには、数社の銀行で金利の比較をするべきです。

 

その際のポイントとして、明確にするべき点がいくつかあります。まず、借金する金額はいくら必要なのかということです。金額によっても金利が変動する場合があります。次に何のために借金するのかということです。単なる生活費なのか、それとも車などの大きな買い物なのかによっても借金のタイプが異なってきます。

 

単に、生活費が必要なのでお金を借りたい場合は、カードローンによりお金を借りる方法があります。これは、特に大きな買い物を必要とせず日用品を購入する手段として、お金が必要な時に必要な金額だけ引き出すことができます。コンビニ等にあるATM機でも引き出すことができる便利なサービスです。その返済についてもATM機でできる場合が多いです。カードローンは銀行で新規に作成もできますが、既にクレジットカードを所有している場合はクレジットカードのキャッシングでも代用できます。使用する額が少額の場合は、クレジットカードを使用したキャッシングが便利です。

 

その他、特別に購入するものが決まっている場合には、マイホームローンやマイカーローンなどその特定のものを購入する費用に充てることができる借金のタイプもあります。この場合は、原則他の物を購入するために、そのお金を利用してはいけないことが前提です。

借金をする前に知っておきたいこと

借金をする理由は人によって様々です。急にお金が必要になって借りることもありますし、どうしても欲しい物があるため借りたいという人もいます。借金をする方法としては、まず銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングを利用する方法があります。この場合は定収入があり、しかも個人信用情報に異動情報がなければ借りることができます。

 

この異動情報というのは、いわゆるブラック情報のことで、ローンの延滞が3回続けて遅れたり、債務整理をしたりした時点で自動的に登録されます。また銀行と消費者金融を比べた場合、消費者金融の方が審査基準が緩いため借金をしやすいといえます。最近は消費者金融も金利が上限20パーセントまでになっていて、大手の会社では17パーセント位で借りられますので、銀行よりもちょっと高めといった感じです。ただし消費者金融では総量規制があり、年収の3分の1に当たる金額が借入上限額になるので気をつけましょう。

 

その他にはクレジットカードのキャッシング枠を利用する方法もあります。しかしこの方法で借金をすると金利が高くなりますし、あまり何度もキャッシング枠を利用していると、その人の信用に響きかねないこともあります。それから借金というのは返済するのが前提ですから、必ず利用計画と返済計画と立ててから申し込むようにします。

 

しかし収入が少なくなったなどの理由で、必ずしも計画通りに返済できないこともありますので、その時はお金を借りた銀行や消費者金融で相談して、返済方法を再検討してみるようにしましょう。また複数の会社から借金をしている場合は、一本化することで金利を低めに抑えられますし、返済日も同じ日に統一できるので、この方法を利用するのも便利です。

借金について詳しく理解しておこう

今手持ちの現金が少なく目的のものを購入できないときには借金を利用します。業者を利用してお金を借りる行為で、借りたお金も指すのが特徴です。経理用語では借入金と呼び負債と呼ばれる勘定科目に該当します。基本的にお金を貸す側の人間がいることにより成り立つ言葉なのでお金を上げるのは借金にはならないです。

 

利用したいときは消費者金融や銀行を使う必要があります。銀行は基本的に審査がかなり厳しく融資してもらうのは大変です。利益の出せる商売や物件を購入するときは意外とスムーズに借入ができるのも特徴となっています。消費者金融は一般人なら誰でも気軽に利用できるサービスです。働いている方で一定の収入がある場合審査に通過しやすく即日融資してもらえるのも魅力と言えます。

 

殆どの業者では最大500万円までの借入が基本となっているのが特徴です。借金の額により審査は厳しくなるのですが少額なら比較的かんたんに借り入れできます。借りた額面をそのまま返済するのではなく金利が付くので覚えておきましょう。利子は借りた金額により大きく変化します。金利と書かれている文字があれば、それが金利になるので借りる場合はどれくらいの金利が付くのか注意が必要です。

 

大金を借りると金利の数は少なくなる、逆に少ないと多くなるのが特徴となっています。また業者により金額が変化するのでできるだけ安い金利のサービスを使うと負担が少なくて済むでしょう。クレジットカードを利用して商品を購入するのも借金になると言えます。これはカード会社から一時的にお金をもらい商品を購入するものです。

 

当然使った金額は後で返済することになるのでたくさん使いすぎると返済が大変になるといえます。

お気に入りサイト

  • パチンコ 借金

    パチンコによる借金を返済するために、その原因や具体的な改善方法を解説しています。

  •  

  • 特定調停

    費用が安い特定調停の概要とメリット、デメリット、実際に借金を減らせた体験談など。